薬を使わず治すパニック障害〜誤作動した脳と心の修理

パニック障害を発症し、克服するまでの記録です

強迫感が始まって・・

強迫的な鍵の確認は、5年ほど続きました。
発端は多分、忘れ物かな・・という気がします。

本当になんでもないことが発端なんです。

今にして思えば。







 

 

赤ちゃんがいる方ならお分かりですが、

出かける前のお母さんの荷物って、なかなかの量ですよね。
哺乳瓶とスペア・お湯・お水・オムツ・ゴミ袋・おやつやおもちゃ・・・
成長に合わせてセットする内容も変わっていきます。

また、ハイハイが始まる頃は目が離せないので、
赤ちゃんの動きに注意しながらそれらを用意し、自分の用意をし・・
と短時間にいろいろなことをしなくてはいけないので大変です。

そこから、ガス・電気・水道・家の中の窓、と確認をし、
やっと施錠するまでに至るのですが、

「あ、おもちゃ忘れちゃった」
「あ。母子手帳入ってない」
と、なにかひとつは忘れていることがあって、
家に戻るのです。

戻った際、息子の泣き始めたりすると、そちらに気を取られて、また別のものを忘れたり、みたいなことは度々あったのですが、、、

ある日突然、「鍵閉めたっけ?」と思い始めるようになり、
車で出かけてもう一度Uターンして確認をする、
というのを2、3度繰り返すようになりました。

ガチャガチャ!と手で確認をし、「よし」と思っても、ちょっとすると
「もう一回見なきゃ」という気がしてしまうのです・・

これには本当に疲れました。
「閉めたって!」と自分に怒鳴ることもありました。

戸締りしたかどうかの不安がなかなか打ち消されないため、
なんだか家が私を呼び戻している気さえしてきたものです。


「出かけると家に空き巣が入るかもしれない」
「家にいた方がいいんじゃない?」


そんな心の声といちいち戦わなきゃいけません。
やることや出かけなきゃいけない用事があるし、
家から出ないわけにはいかないので
どうにかこうにか出かけるのですが、
駅や車に乗って町から出る頃には、
本当に心がクタクタになってしまいました。

クタクタになりつつも、
「でも家から出ることはできたから、目的地に行こう」と思うと、
今度は心に不安が広がり始めるのでした・・・



ちなみに

鍵をかけたかどうかの不安感を打ち消せるようになったのは、
引っ越してマンションになったことで
防犯設備が整ったからだと思います。


 

 

 

 

以前住んでいた場所はテラスハウスという
アパートと一軒家の中間みたいなもので、
道路に面してドアがありました。

そのドアの横に小さな庭の前に大きな窓があったのですが、
家にいるとき、
ここから家を覗いていたセールスだかを発見したことがあります。


レースのカーテンを引いていたので
あちらからは気づかれませんでしたが、わざわざ覗いてまで
インターホンを鳴らす人がいることに恐怖を覚えました。


一応、道路から階段状のアプローチがあるのですが、門がないんですよね・・・
そうすると誰でも簡単に階段を上がって
インターホンを鳴らせるのです。

新築で見かけもよく、広さもまずまずだったので
この賃貸に住むことにしたのですが、
住んでみていろいろと

「う。。これは・・・・」と
問題に気づいたのです・・。


ずっとマンションで暮らしていたせいもありますし
家の作りにも問題があったかと思いますが

不安感を感じやすい素地のある方は、
家のセキュリティや窓の位置なども
ちょっと気にしてみるべきだなーと思ったのでした。