読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再びパニックを発症するまで⒈

今回はその当時の日常を思い出して書いています。

もうずいぶん前の些細な日常を書いていますが、

当時の私が壊れていく過程でもあります。

考え方の癖は厄介なパニック障害を引き起こします。

パニック障害について書かれた本などを読むと、
もともと考え方の癖があると書かれていたりします。
確かにパニックを起こしやすい性格や考え方を持っているかもしれません。

でも、それは生活の過程で少しずつ・・
パニック障害の、パニック障害を起こす前に
日常生活の中で少しずつ強化されてしまった気がします。



 



ベビースイミングに通い始めて2、3ヶ月経っても
私には地元のママ友ができる気配はなかった。

それでも柔らかいむちっとした息子を抱っこするには
水の中は心地よく、重さを感じないので
クラスが行なわれている間は楽しかった。

でもクラスが始まる前のプールサイドに腰掛けて

インストラクターを待つ時間や、

終わった後の着替えの時間といった


おしゃべりがあちこちから聞こえて来る時間は
苦痛で仕方がなかった。

家でも一人だから出てきたのに、
どうして同じ年頃の赤ちゃんを持つ母親同士の中でも
私にはお友達ができないんだろう?

でもそれ以上悲観しなかったのは、
ただただ乳児の息子の世話やサークル活動で

忙しかったからだろう。

それでもサークルで都内に出ると
皆それぞれの母親教室や近所で知り合った
地元のママ友の話などが増えていて、
度々羨ましいな、と思うこともあった。

当時の私はまだ26歳。
周囲は明らかに30歳は超えている様子だった。

もし地元も同じで年頃も同じなら、
私よりもそちらと友達になりたがるだろうな
と今となっては思う。

自転車ではなく車で来て帰ってしまう私は
どこか遠くから来ているだろうと彼女たちが思うなら、

近所ではない友達と仲良くなってもね、と思うのもわかる。

引っ越した先の町は同じ市内だが、
うちは最近川沿いの整備がなされたばかりの
新興住宅地だったので、
まだ住民が少なかった上に
賃貸住宅がほとんどない地域だった。

うちはたまたま新築賃貸と出会う機会があって
引っ越してきたが、周辺は新築分譲が多く、
また新築は20代・30代夫婦が買うには
負担が大きい。

しかし後で知ることになるが、
私の住む市は
国道の北と南・駅の北と南で
随分と地価が違った。

南側は海があるのとおしゃれなお店が多いので

若い夫婦に人気があり、

皆こぞってそちらに住んでいた。
皆無理してでも南側にローンを組んで
自分たちの住まいを手に入れていた。

そんなことも知らないよそ者の私たちは
車で20分も走ればすぐ海に着くし、だなんて

呑気なことを言っていたが、
この市・・特にJR側とだけ限定すれば・・

駅の南側の方が人口が明らかに多かったのを
後で知ることになった。

ある日すごくきれいで若いママに声をかけられた。

年頃が同じかと思って、と声をかけてくれたのだ。



積極的な子だったので、私たちはすぐに仲良くなった。

彼女も地元が私たちの住む町ではないということで、
あちこち探検に行こうよ、と言ってくれた。

やっとできた地元のママ友をきっかけに
私は自分の住む町のあちこちを

息子を連れて出かけるようになった。
しばらくはとても楽しかった。

 

観光地なので土日は道がどこも渋滞する町だけど、
彼女から教えて貰った抜け道を覚え、移動する時間が短縮したおかげで
私はあちこち積極的に車に乗って走った。

どの道も狭く、カーブミラーが連続するようなところばかりだったので

運転にはとても気を遣った。
でもこんな道も走れるんだなーと楽しく抜け道をどんどん覚えていった。


ある雨の日、私は夫を助手席に乗せて運転していた。
どこも混んでいたので、私は彼女から教えて貰った抜け道を
使って裏通りを走っていた。
住宅街の小さな見通しの悪い十字路で悲劇は起こった。

一時停止をし、十字路を直進していた最中。

左から来た車がうちの車のフロントに突っ込み、大破してしまった。
私たち家族にケガはなかったが、その後の保険の話は難航した。

ウチの方が分が悪い過失割合が判例を基に出されたのだ。

車は廃車にせざるをえず、保険の話は決着が着くまで4ヶ月ほどかかった。


その間、私は夫にローンだけ残してしまったことや運転していた自分を

責めた。しばらくは事故に遭った時の衝突音が鮮明に蘇ることがあった。

車が無いとどこへ行くにも難しい町なので、夫はどうにかローンを組んで
小さな車を購入した。

新しい車はマニュアル車だった。

私はマニュアルに不慣れだったのと、新しい車の操作方法や運転などがストレスになった。ストレスではあったが、車はこれ一台しか無いし、覚える以外なかった。

坂道発進でのエンストなどは恐怖以外の何者でもなかった。


ストっと静かにエンストをしてしまい、後続車に突っ込まれやしないか。
乗っている間はそんなことばかり考えてしまった。

 

夫の運転は昔からなんとなく馴染めず、
その馴染めなさは車を新しくしてからさらに増した。

楽しいはずのドライブもエンストや
自分のペースではない速度や車線変更の仕方・・・
いろいろなことがストレスになっていた。

私にとって夫とのドライブは
怯えと怒りが頂点になる苦痛の時間だった。

何度もこの人の車から降りたいと願った。
私はいつも心の奥をぎゅっと握りしめるようにして

体を縮こめていた。

夫のうっかりで度々危ない目に遭うたび、
どうしてこの人は・・・と
思うこともあった。

 


運転において
私はまるきり夫を信用していなかった。

助手席にいる間、私は頭の中で
いろいろな思いを抱いていた。

ともかく降りたい。早く目的地に着いてほしい。
この一つしか考えていなかった。


でも夫は怒り出すと大声で怒鳴りつけるところがあるので、

そのような様子を息子に見せたくなかった。

我慢して普通に振る舞い、怒りも恐怖も隠すようにしていたが、

時々我慢しきれず彼に訴えることが少しずつ増えたが、
その度に険悪な雰囲気になった。

息子が生まれてからは、子どもを守りたい気持ちが自然と生まれるというが
私の中の攻撃性は夫に向き始めていた。